変形性膝関節症

膝関節は、大腿骨(太ももの骨)、脛骨(スネの骨)、膝蓋骨(お皿)でできています。
大腿骨と脛骨の間にはクッションの役目をはたす関節軟骨と半月板があります。
また膝関節を安定させる為に、前十字靭帯、後十字靭帯、内側側副靭帯、外側側副靭帯があります。通常、関節軟骨や半月板は歩いたり走ったりしたときの衝撃を吸収しクッションの役目をはたしています。しかし、長年にわたる膝の酷使・加齢による筋肉の衰え・外傷や事故により、関節軟骨がすり減ったり、半月板が切れたりします。その結果大腿骨と脛骨がぶつかり合い、こすれあうことで接する部分が変形し様々な症状がでてきます。残念ながら軟骨や半月板は元に戻ることができないので治療が必要になってきます。

当院の変形性膝関節症治療に対するポリシー
年齢とともに軟骨が摩耗する変形性膝関節症の治療法には、保存治療から手術治療まで多くの治療法が存在します。
当院では患者さんの症状とニーズをしっかり理解し、その患者さんにはどの方法が適切かを一緒に選択し、決して保存療法や手術治療に偏らない治療を行いたいと考えております。
人工関節手術は医学の進歩とともに、現在日本では年間5万件以上行われ、とても優れた手術方法となりました。膝の変形が高度な高齢の患者さんで、最終手段として人工関節手術しか選択肢がない場合はとても素晴らしい手術だと実感しておりますが、最近では比較的変形の軽い、若い患者さんにも安易に行われるようになってきました。しかしながら、私は安易に行うべき手術ではないと思っております。人工関節はやはり人工物であり、自分の生まれ持った膝には勝てません。当院の膝関節治療に対するポリシーは、人工関節ではない自分の膝を一生痛みなく使うことができるためのお手伝いを最大限行うこと、と考えております。
こんな症状がでてきたらご相談ください
  • 安静時や睡眠時に膝が痛い
  • 歩くときに膝が痛い
  • 膝を動かすとゴリゴリと音がする
  • しゃがみこみ、動作開始時に痛みがある
  • 膝関節が腫れている
  • O脚、X脚に変形している
保存療法
初期であれば体重のコントロールやリハビリテーションで大腿四頭筋訓練等をしたり膝にヒアルロン酸の注射等をし、症状が進行するのを遅らせます。
手術療法
高位脛骨骨切り術・人工関節置換術
高位脛骨骨切り術(High Tibial Osteotomy:HTO)
O脚に変形し痛みがある状態から、自分の骨を切り少し角度を変えX脚にすることにより痛みを除きます。ご自分の膝関節を温存する新しい治療法です。
適応の患者さんには提携先の病院で手術しています。
多くの患者さんがスポーツを再開したり、膝を曲げる仕事に復帰しています。
詳しくは院長までご相談下さい。